福岡定款認証について

【電子認証について】
電子定款認証とは平成16年3月に、スタートした手続です。
株式会社を設立する場合、定款の作成、及び定款の認証手続が必要です。定款の認証は、従来紙ベースで定款を作成しこれを公証役場に持参し、公証人の認証を受けていましたが、この場合、費用として公証役場の手数料5万円程と収入印紙代4万円がかかりました。
それに対して、定款の電子認証は、紙ベースでなく電子文章(PDFファイルにて個人認証したもの)を、指定公証人がいる公証役場へ転送することにより、収入印紙代4万円が不要となる制度です。
なぜ、収入印紙代が不要になるかと申しますかというと、印紙税法の取扱いにより電子文章の定款は非課税扱いとなるためです。
会社の設立費用を少しでも安くする為に、ぜひとも利用したい制度です。

福岡電子定款認証をする為には?

電子定款認証を行うためには事前に準備が必要です。主に必要なものとして個人認証手続とその認証を電子文章に署名するためのパソコンソフト(PDF編集ソフト:アクロバットなど)です。個人認証手続きは有料(1万円程度)で申請から大体1ヶ月程度かかります。また、認証ソフトも安価なものではありません(大体3万円程度から)。
つまり電子定款認証を行う為の準備として、4万円以上の費用がかかってしまい印紙代4万円を節約する意味が無くなってしまいます。
そこで電子定款認証の手続ができる専門家(当事務所もそうです)に多少の費用を払って電子定款認証を依頼することにより、印紙代4万円を節約するのです。


【費用比較】

当事務所へ
電子定款認証依頼
自分で通常認証手続 自分で電子定款認証手続
認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円
印紙代 0円 40,000円 0円
電子認証準備費用 0円 0円 40,000円程度
謄本発行等手数料 2,000円程度 2,000円程度 2,000円程度
報酬 21,000円→15,750円
キャンペーン中
0円 0円
費用合計 73,000円程度 92,000円程度 92,000円程度


【株式会社設立】サブメニュー

お問合せ

お問合せはこちらから!

開いたフォームに必要事項を記載の上お問合せ下さい。